Author

未分類

転職というものをする場合、そこでの給与ばかりに気を取られる人…

転職について考えた場合、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人がわりといるでしょう。もちろん多くの方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与としてもらうべく仕事しているはずです。自身の評価という側面もありますから、大切なことは当然ともいえます。
未分類

万一あなたが、現職からの転職の決意したのなら、まった・・

例えばあばたが、転職の決意したなら、徹底して一緒に働く人にはそれを言わずに、首尾よく活動を進めていき、現職にいるあいだは、なるだけ同僚に悟られないよう普段どおりに業務をこなしていくのが利口です。現職中、その姿勢を保っていれば、もし仮に条件に沿う転職先がすぐに見つからなくても、転職予定を先送りにしつつ、今の仕事を続けることもトラブルにはなりません。
未分類

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが…

失業時にもらえる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、給付される期間が定められています。失業時までに働いていた期間によって90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。期間の制限がないと勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に仕事を見つけようとしてもうまくいく可能性は低いでしょう。
未分類

今現在のあなたの仕事や勤め先に関して、不満に思っていることの中…

今の職場や業務に対する大半の人は不満を感じていると思います。「自身のスキル・能力が適正に評価してもらえない」さらに、「月給は変わらないし、出世の見込みもない」といった不満が割合的に多くを占めています。けれど、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自身の本当の才能を過剰評価しているケースが少なくありません。
未分類

転職先で見学などがあれば、かなり参考になります。

転職したいと考えている会社の見学ができれば、かなり勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるので楽しみです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では例外なく見学者には、いつもの仕事風景を見せてくれることはまずありません。
未分類

転職活動の最後の難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先から採用の内定を得たとしても、現在働いている企業が、あなたを離したくないと引き留めしてくる可能性があります。そのような場合は、「ゼッタイに退職する」という強固な気持ちでいることを大事です。
未分類

経験したことがない業種などに転身したいと思っている場合には、…

全くの初挑戦の業種などに転身したい場合には、以前の業界で培ってきた腕前や今まで経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。その業種の未経験者は未経験の分だけその分野で働いたことがある人よりも不足することはありますが、自分自身が保持している能力がその業界でも生きるということをしっかりと伝えることができれば、戦えるケースも考えられるのです。
未分類

あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(業種・・

転職活動をされているのなら、気になる求人(あるいは職種)があったら、マメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナスとなる面は、知ることができない、と思っておくべきです。
未分類

長きにわたって接客関係で勤めてきましたが、歳をとるに…

ずっと接客業で勤めてきましたが、年齢的に立って行う仕事は体力的につらいため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務の経験がないとなかなか難しく、そこで接客経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格を取得して個人の医院に転職しました。
未分類

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『今すぐ転職したい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、退職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。しかし、相談という形で話せば上司に必ず言いくるめられます。実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。
タイトルとURLをコピーしました