Author

未分類

転職をする場合、そこでの自分の年収について気にする人…

転職をする場合、その職場の自身の年収を過剰に気にする人がそこそこ少数派でもないでしょう。もちろん確かに、ですから生活費を稼ぐべく仕事に打ち込んでいるとは思います。年収は自分がどれほど評価してもらえているか、でもあるので大切なものとして扱うのは当然ともいえます。
未分類

例えばあばたが、現職からの転職の決定したなら、会社の人には…

もし、転身を決めたのであれば、まったく社内の人にはこっそりとバレないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、できれば同僚に気づかれないようにいつもと同じように振舞うのがもっともいいです。それならばもし仮に希望に知った転職先を容易に見つからなくても、転職時期を先送りにしつつ、現在の仕事を続けることも心配がありません。
未分類

失業した際に受け取れる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが・・

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、期間に制限があります。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて職探しを始めても好条件のところを見つけるのは至難の業です。
未分類

今のあなたの職場や業務内容に対して、少なからず何かしらの不満があるはずです。

今のあなたの職場や業務に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。「自分の能力(スキル)を真面目に評価してもらえない」よって、「給料は上がらないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満が多くを占めるでしょう。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自らの本来の才能を実際よりも過剰評価してはいないか、改めて確認することが不可欠です。
未分類

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、とても参考になります。

転職候補先の会社見学は、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られるのでワクワクします。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には例外なく、本当の仕事風景を見せてくれることはまずありません。
未分類

転職活動を行う際の最後の難関として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社が決まっても、現職の会社が退職を引き留めるというのも起こりがちなことです。そうなってしまった場合、どうあっても退職する、という強い気持ちでいることを大事でしょう。
未分類

全くの未経験である業種などに職を変えようとするときに…

経験したことがない分野などに転職したいと考えている場合には、前の会社で、自分が養われた力や経験を発揮することができるというアピールが必要になります。そのジャンルに勤務したことがない人は経験していない分その業種を経験している人よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分の持っている力がそのジャンルでも十分に発揮できるということをうまく伝えることができれば、戦える場合も多々出てきます。
未分類

転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種…

転職活動のとき、気になった求人(OR 職種)があったら、100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナスとなる面は、教えてはもらえません。ネットで調べればインターネット検索を通じてカンタンに本来の姿を理解できるでしょう。
未分類

長く接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立ち続ける必要のある仕…

長きにわたって接客関係で仕事を続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち続けなければいけない仕事は体力的にきついため、事務の仕事への転職を志して行動を起こしました。事務が未経験となると少々難しくて、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になろうと資格も合格し個人のクリニックに転職することができました。
未分類

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、…

『転職したい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、辞めたいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。
タイトルとURLをコピーしました