未分類

未分類

転職候補先での見学に参加するとかなり勉強になります。

転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるため、楽しみです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、たいてい見学者には、本来の働き方を見せないのが特徴です。
未分類

転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。

転職活動における最後に残る難関として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業を決めたとしても、今いる会社が退職を引き留めようとするかもしれません。そうなった場合、絶対に退職をあきらめない、という強固な信念を保つことが大事といえます。
未分類

これまで経験したことがない分野などに職を移そうとするときには・・

全く経験のない業界などに転身したいと思っている場合には、自分が前の職で身に付けた腕前や経験が生きるといった内容の自己アピールが必要になります。経験をしたことのない業界の場合、それだけその業界を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分の持っている力がそのジャンルでも十分に生きるということを話せれば、戦えるケースもあります。
未分類

あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人を見つけたら、…

あなたが転職活動をしているなら、気になった求人(または業種)を見た際にマメに「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナス面などは知ることができないのが普通です。
未分類

長きにわたって接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねると共・・

長年接客関係で勤務を続けてきましたが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを志して行動を起こしました。事務が未経験となるとわりと厳しく、そこで接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人の病院に転職することができました。
未分類

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が本当に強いものであるなら…

『転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしていると、上司に必ず言いくるめられます。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、退職するまでに半年くらい掛かりました。
未分類

転職を考える際、そこでの自分の給料について気にする人が…

転職を考えるとき、転職後の自身の年収を過剰に気にする人がとても多くいます。もちろん大多数はだから生活費を給与としてもらうべく仕事しているのはずです。ですから年収がどれだけかは自身の評価という見方もできるから、とうぜん大切なものであることは当然なのですが、それにしても愚かにも年収の額にとらわれすぎてしまうのも考え気がします。
未分類

もし、現職からの転身の決心したなら、完全に会社の人間・・

例えば、現職からの転職の意思を固めたのなら、徹底して社内の人にはその意思を伝えずに、うまく転職活動していき、現職にいるあいだは、周りの人間に悟られないよう普段どおりに業務をこなしていくのがとても堅実です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、たとえ転職先探しが見つからなくても、転身予定を見送りながら現在の職を続けても何ら問題がありません。
未分類

失業した人が受け取れる失業保険は、失業していることが給付の必要条件です・・

失業した際に受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付される期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって違い、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き慌てて職探しをしたとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。
未分類

今現在の職場や仕事に対するほとんどの人は不満を感じていると思います。

今現在のあなたの職場や仕事内容に対して、不満に思っていることの中に、「自身の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価されていない」あるいは、「賃金は上がらないし、昇格の見込みもない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。ですが、上記のような悩みを持っている人のなかには自分の手腕を過剰評価していることが少なくありません。
タイトルとURLをコピーしました