未分類

未分類

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、…

転職活動をする際の最後に残る難関として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしたとしても、今いる企業があなたを引き留めるというのも起こりがちなことです。そのような場合は、障害を乗り越えて退職する、という強い気持ちを保つことが必要です。
未分類

全くの初挑戦の業種などに職を移そうとするときには、前の…

初挑戦の業界などに職を移そうとするときには、以前の職場で、自分が育んできた腕前や今までの経験が生きるという自己アピールがいるようになります。働いたことのない分野の場合、経験していない分だけその分野で勤務したことがある方よりも不利になりますけど、自らが保持している能力がその業界でも生かすことができるということを伝えれば、戦えるケースもあります。
未分類

これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(または職・・

将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(または職種)を見るたびに必ず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、その業界に関するマイナスとなる面は、教えてもらえない、と思っておくべきです。
未分類

長年にわたり接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれ…

長きにわたって接客関係で仕事をしてきましたが、加齢のせいか立ち仕事は体力的にハードで、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを頭に入れて行動にうつりました。事務未経験の場合けっこう難しく、だから接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得して個人病院に転職しました。
未分類

『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるな…

『転職をしたい!』と思っていて、自分の意志が本当に強いものであるなら、退職したいという旨を速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談という形を取ると、言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、話がこじれておよそ半年、予定が伸びてしまいました。
未分類

転職というものをする場合、転職したあとの年収を気にしすぎる人が…

転職する場合、そこでの自身の給与を過剰に気にする人がかなり多くいるでしょう。もちろん誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として稼ぐために精を出しているはずです。ですから年収は自分がどれほど評価してもらえているか、という面もありますから当然大切なことは至極当然です。
未分類

もし、現職からの転職の決意したのであれば、あくまで周り・・

もしもあなたが、転業を思い立ったのなら、周囲にはひそかにバレないように、首尾よく活動を進め、転職先が決定していないのなら、あくまで周りの人に悟られないよう平常通りに振舞うのがもっともいいです。働いている間、その状態をキープしていれば、もし希望に沿った働き先が容易に見付けることができなくても、転職予定を延長しながら今の仕事をそのまま続けてもトラブルの心配がありません。
未分類

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが…

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが、「期間」が定められています。離職時までに働いていた期間によって変動し、90とか120日とか決定されるのですが、中にはこの現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると勘違いして失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間終了の1か月前になってようやく制度の真実に気づき急に職探しを開始しても好条件のところを見つけるのは難しいです。
未分類

今のあなたの職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の自分の仕事や業務に関して、ほとんどの人は何かしらの不満点を感じているでしょう。「自身の資格やスキルをきちんと評価されていない」ゆえに、「年収は上がらず、出世の見込みもない」と言う不満を漏らす人もいます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そういった悩みを持っている人の中には自身の才能を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。
未分類

転職したいと考えている会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。

転職候補先で会社見学などがあるととても勉強になります。そのなかでも職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるため、楽しめます。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、いつもの仕事現場を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。
タイトルとURLをコピーしました